読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキカエブログ

あなたも私も人生を明るくカキカエるブログ

電通基準で偏差値40以下はバカで過半数?はあちゅうツイートを受けて

ういっす、加々美です。

今日は帰りの電車でこんなツイートががプチ炎上しているのを見つけて、思わず今日の題材を決定しました。

電通の先輩が、 「CMは偏差値40の人にも理解できるものじゃなきゃダメ。この会社にいる時点で普通ではないと自覚しろ。世間にはおそるべき量のおそるべきバカがいる。そしてそれが日本の『普通の人』だ」 って言ってたの、一番役に立ってる教えの一つだ。

なかなか、厳しい言葉です。
怒る人、見下されたと思われている人も多いでしょう。

ですが、これは実はビジネス見下しです。
仕事のためにバカにあわせて考えてくれているという、まっすぐな誠意です。

多くのバカを見てきたバカソムリエとして、なぜこう断言できるか説明をしたいと思います。

f:id:kakikae:20170131011515p:plain

バカソムリエ 加々美の生い立ち

まず始めに書いておくと、自分は常にバカか秀才に囲まれて生きてきました。
バカと秀才ではありません、バカか秀才の画一的などちらかの世界にどっぷり浸かっているという意味です。

それも2サイクルも経験しているので、人のバカさ下限は瞬時に見抜くことが出来ます。

中学まで団地近くの公立校でバカに囲まれていたものの、地元の進学高も慶應大学も受験勉強で突破しました。
しかし、自分の人間力が低かったので次はブラック企業に転がり落ちてバカも多い客層と商売をしたかと思えば、今度はメディア関係の企業に転職して知力と美貌を兼ね揃えたハイスペック人間に囲まれています。

まさに偏差値のジェットコースター。
だから、自分以上にバカを正確にバカだと指摘出来る者はこの世にいないと自負しています。

偏差値40以下はゾロゾロいる

f:id:kakikae:20170131010208p:plain

今回の偏差値40という発言は、大卒が多い電通社員の発言なのであくまで大学受験での「偏差値40」だと定義します。

少し大雑把ですが、下のページによると偏差値40の人はその集団の上位84.2% にいるそうです。
言い換えると、下位15.8%になります。
あれ、結構少ないですね。
偏差値を順位に換算すると

でも大学生の下位15.8%であれば、電通マンがバカにするのも無理はありません。

更に、こちらは2016年の大学進学率は56.8%。
つまり、この43.2%の人が大学受験の偏差値に集計されない生き方をしています。
電通マンであれば恐らく大学未進学の人も偏差値40以下に換算すると考えます。

そのため、偏差値40以下は
 大学短大専門学校に進学している56.8%の人✕15.8% + 進学しない43.2% = 52.12% という計算になります。

お、確かにこの数値であれば、偏差値40は日本の普通だ!

電通基準で考えると、確かに今の18歳人口の半分強は偏差値40以下の馬鹿という扱いになってしまいます。

更に大学進学率が低い上の世代は更にバカだらけという扱いでしょうね。

数こそ正義の広告業界の事情

例えば、慶應義塾の文学部は偏差値が65ですし、経済学部であれば70です。
これは、文学部の生徒は上位6.6%以上の学力、経済学部は上位2.2%を持っているという計算になります。

私の仮想電通の学力水準は偏差値65なので、社内の感覚でキャッチコピーを作ってしまった場合、世間の6.6%の人しか理解できない広告になってしまいます。

広告はどれだけの人数に響くかが勝負です。

東大や京大を目指す予備校の広告なら、この層を切り捨てても全く問題はありません。
しかし、シャンプーや板チョコ、クレジットカードのCMであればどうでしょう。
切り捨てられませんよね?

また、キャッシングや100円ショップ、パチンコのCMであればどうでしょう。
益々この層を切り捨てられませんよね?

こう考えると、この先輩の発言は大切なマーケティングの話です。

本当に頭が良い人は、頭の悪い人が分かるようには話すという言葉もありますが、あれは誤りです。
頭の良い人がバカに合わせているだけです。

その事を意識的にやれよ、という標語があのツイートです。

そもそも電通に行く人は庶民と学力以外にもレベルが違う

f:id:kakikae:20170131010557p:plain

電通は優秀組とコネ組が明確に分かれている会社です。
これは慶應の外部性と内部性の関係に近いです。

参考記事
kakikae.hatenablog.com


優秀組は、勉学で優秀な結果を出したもの……だけではありません。
そんなものはそもそも前提条件に過ぎないのです。

ではどんなレベルの人が電通に行くかというとこんな人です。

  • 現役早稲田生ながら黎明期にブログを始め、顔出しプロブロガーとして有名になった はあちゅう(@ha_chu)
  • 慶應義塾大学アメフト部から日本代表選手になった人
  • 大学在学中にフリーペーパーを立ち上げるために、自ら原稿を書きながら企業から広告費を集めた男
  • 慶應高校ニューヨーク高で飛び級して、そのまま21で大学を卒業した才女


バイトリーダーとか、サークルのサブリーダーとか、ゼミの研究とかそういった、一般人の枠を飛び越えた人たちです。

またコネ組も格が違います。

  • 広告費が百億レベルの大企業の御曹司・社長令嬢や役員のご子息
  • 藤井フミヤなどの有名人のご子息
  • 官僚・政治家のご子息

バイト……しなさそうですね。
社会勉強としてする人も少なくないですがね。

【2/1追記 藤井フミヤのご子息はフジテレビでした。藤井フミヤの息子様、申し訳ございませんでした】

そんな彼らが平均年収1193万円を貰ったら、それはもうド派手に使いますね!
いったんオフになれば高級外車を買い、海外旅行にバンバン飛び、ブランド品を身につけ、そしてうまい飯をたらふく食べるのです。

そしてこれが、彼らの普通です。

一方バカ逹はどう生きるか

私は多くのバカを見てきました。

  • パチンコ/ソシャゲ課金/風俗通い が我慢できず借金を背負う人
  • 仕事とカップラーメンとインターネットで人生が完結する人
  • 製品の説明を一切読まずに使用して、思い通りにならないとメーカー社員を東京から岩手まで呼び出して金を払わせようとする人

そして、時間に余裕がある人でも音楽や映画、文学や下手したら漫画にまで興味を示さない、文化的な教養の低い人も多いです。
ここが意識高い広告を弾くネックになります。

おかげで休憩時間などになっても、ラーメンしか話題がなく苦労しました
慶應はラーメン屋に包囲されているので助かりました。

はっきり言って住む世界、見える景色が違うのです。

一方電通社員といえば、ギャンブルやゲームといったら年に一度行くラスベガスで、愛車がベンツ、家の補修は常にプロを呼び、借金どころか国の借金を肩代わりしているような人たちです。

もはや違う生物と客観的に捉えるレベルで偏差値40以下のバカと考えていないと仕事にならないでしょう

歪んでいますが、彼らの目線に降りてくるには、それぐらいのマインドセットが必要なのです。
これぐらい突き放して冷静に見る方が逆に誠実とも言えます。

一時期天下をとっていた頃のグリーも就職説明会でこんな言葉を残しています。
「はい、この中で釣りスタをやった事がある人……いないか、そうだよね、君たちレベルはこんなゲームしないようね

競うな、持ち味を活かせ

こうした現状を考えると、この電通の先輩の発言は相当的を射てますね。
これは仕事上の心得であり、常に電通社員が人々を見下しているのかいうと、それは違います。

なぜなら、自分より上の人に劣等感を感じて噛みつく事があっても、いざ自分が優位になると、自分より下の順位の世界なんて興味も沸かないからです。

だからこそ、我々凡人は上の人たちなんて放っておいて得意な事を極めた方が良いと思います。

ナンバーワンよりオンリーワン」と歌っていたSMAP中井のダミ声は間違いなくナンバーワンではありませんでしたが、多くのファンの心を掴んでいました。
www.youtube.com


仕事であれば、専門知識や技能を極めても良いし、思いがけない組み合わせの第一人者になればメディアでの取材を受けて商売繁盛だって狙える世の中です。
鼻持ちならない電通社員に人間力で完敗しても、ピンポイントのゲリラ戦で勝てる、そんな生き方をするのが大切なのでは無いでしょうか。


追記

多くの人に見て頂き、ありがたい限りでした。
ブックマークなども貰えるとモチベーションがグッと上がりますので、引き続き宜しくお願い致します。

好評な様子を受けまして、新たな記事で偏差値40以下の大学の実態に迫りました。
宜しければこちらもご覧ください。

kakikae.hatenablog.com

ではでは♪
加々美でした。

【スポンサーリンク】